TOP >  IT・保守サポートの日誌(毎週更新) > 【11月第1週】航空法対象外DJIドローン発表!そもそも航空法とは?

【11月第1週】航空法対象外DJIドローン発表!そもそも航空法とは?

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

DJI、航空法対象外小型ドローン発表!そもそも航空法とは?

 
先日、ドローンでは世界で圧倒的なシェアを誇るDJIより各国における航空法の制限にかからないと言われる小型・軽量ドローンの発表がありました。誰もが気軽に飛ばすことが可能となり、ますますドローンが身近なものとなる一方でパイロットの資質やマナーも問われる問題も抱えています。
 

日本におけるドローンにかかわる航空法とは

 
現在日本において航空法の対象となる無人航空機は、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」と定められています。
 
そして、以下の空域で無人航空機を飛行させる場合はあらかじめ、国土交通省地方航空局長(東京または大阪)の許可を受ける必要があります。
 
1.150m以上の高さの空域
2.空港などの周辺(進入表面など)の上空の空域
3.人口集中地区(DID)の上空

 
しかし、たとえ上記許可・承認を受けたとしても、また、人口集中地区外のエリアや200g未満の無人航空機(トイドローン)であっても、第三者所有の土地上空や特別保護区域であったり、各自治体の条例などにより飛行を制限されている区域もありますので、その際は別途所有管理者への確認・許可が必要となります。
※たとえば地方自治体によっては、公園条例に基づき、公園・庭園での無人航空機(200g未満であっても)の飛行は原則禁止されています。
 
また、無人航空機は飛行させる場所にかかわらずいくつか条件があり、以下の条件によらずに無人航空機を飛行させる場合はあらかじめ国土交通省地方航空局長の承認を受ける必要があります。
 
1.日中(日出から日没まで)に飛行させる
2.目視(肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させる
3.第三者または第三者の建物、車両などの物件との間に30m以上の距離を保って飛行させる
4.多数の人が集まる催し場所の上空で飛行させない
5.爆発物など危険物を輸送しない
6.無人航空機から物を投下しない

 
このように、200g以上(米国では250g以上)の無人航空機を飛行させる場合は様々な制限があります。
 

航空法の対象とならないドローン発表

 
この度、DJIから上記の航空法の対象とならないドローン「Mavic Mini」が発表されました。200gを下回る199gという軽量化を実現したことで、日本国内における改正航空法での無人航空機から外れ、トイドローンやラジコンといった模型航空機という扱いになります。前述のとおり、街中や住宅地など(人口集中地区)の環境で飛ばすには、別途、飛行申請と認可が必要となっていましたがそれが不要となります。
 
しかし、本当にどこでも飛ばせるかというとそうではありません。高度150m以上や空港周辺などでの飛行には、無人飛行機、模型航空機問わず航空局への許可が必要となるほか、小型無人機等飛行禁止法で定められている国会議事堂や内閣総理大臣官邸といった国の重要施設の周辺では飛ばすことはできません。また、たとえ200g未満であっても第三者所有の土地上空や特別保護区域であったり、各自治体の条例などにより飛行を制限されている区域もありますので都度許可・承認は必要です。
 
最近では撮影した映像をSNSなどにアップするなどの用途がほとんどだと思いますが、その場合プライバシーにも十分配慮する必要があります。撮影する際にも第三者が極力写り込まないようにするなどの配慮や、周辺住民などの許可もとっておくなどの対応をしないと、後々トラブルに発展する可能性があります。また、保険(対人・対物)にもしっかり加入しておくことをおすすめするとともに、簡単操作とはいえしっかりと飛行練習を積む(最低でも10時間以上)ことが基本です。
 
『DJI、航空法対象外で“飛ばしやすい”本格ドローン「Mavic Mini」–税込4万6200円』
(出典:2019年10月31日 CNET Japan記事より)

 

>> トイドローンやマイクロドローンの飛行場「アローレ八王子ドローンフィールド」

 
*********

弊社では、保守サービスやサポートに関する
facebookページを立ち上げています。
 
セキュリティの問題や脆弱性の情報を
毎日ピックアップして掲載しておりますので
よろしければお立ち寄りください。
 
ITサポート&サービス情報局【CTS】facebookページ
http://www.facebook.com/ITsupport.service
 
今週も「IT・保守サポートの日誌」をお読みいただき、
ありがとうございました。
 
シーティーエス株式会社 ブログ担当スタッフより

banner_siryou

「ホムテル3G」の製品情報および修理に関しましてはこちら

CTSストア

資料請求

よくあるご質問

お客様の声

トピックス

  • 2019.8
    「CTSストア」(Yahoo!ショッピング)を開設しました
  • 2018.11
    「アローレ八王子ドローンフィールド」をオープンしました
  • 2018.2
    成長企業の新たな刻みを伝えていくメディア「Next Page」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2018.1
    空撮歴15年の有限会社KELEK様と、ドローンを使用した撮影、測量、点検業務において業務提携をいたしました。
  • 2017.9
    ドローン各種保守・業務支援サービスを開始しました
  • 2017.3
    日本の中小企業を元気にするためのサイト「オンリーストーリー」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2016.8
    環境省「FunToShare」に賛同・参加しました
  • 2016.5
    厚生労働省「イクメンプロジェクト」に賛同・参加しました
  • 2015.11
    『IT・保守サポート豆知識』ページを開設しました
  • 2014.09
    ホームページをリニューアルしました
  • 2014.09
    資本金を1000万円に増資
  • 2014.03
    『お客様の声』ページの掲載を始めました
  • 2013.06
    『IT・保守サポート用語集』ページをリニューアルしました
  • 2013.04
    『キッティング自動化ツール「SetROBO」』の販売代理店となりました
  • 2013.03
    『システム延命サービス』の販売代理店となりました
  • 2012.12
    採用情報の掲載を始めました
  • 2012.09
    おかげさまで創立3周年を迎えました
  • 2012.07
    東京都千代田区神田に営業所を移転
  • 2011.06
    facebookページ『ITサポート&サービス情報局』を開設
  • 2011.03
    次世代型顧客獲得ツール『Navigator』の販売代理店となりました
    アプライアンスサーバーの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.09
    東京都中央区築地に営業所を開設
  • 2010.05
    NASシステムの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.04
    ロジテック株式会社が運営する『データ復旧サービス』のサービスパートナーとなりました
  • 2010.03
    大手ハードウェアメーカーのPOSコールセンター業務を受託
  • 2010.02
    全国寿司チェーン店のタッチパネルPC設置業務を受託
  • 2010.01
    デジタルビジネス協同組合、システムサポート委員会の委員長に就任
  • 2009.12
    デジタルビジネス協同組合に加盟
    八王子商工会議所に加盟
  • 2009.09
    ホームページを開設
Copyright© 2009 シーティーエス株式会社, All Rights Reserved.