TOP >  IT・保守サポートの日誌(毎週更新) > 【2月第1週】時代を担う子供たちにPC教育を!「GIGAスクール構想」

【2月第1週】時代を担う子供たちにPC教育を!「GIGAスクール構想」

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

時代を担う子供たちにもっとPC教育を!「GIGAスクール構想」

 
文部科学省は2019年12月に「GIGAスクール構想」を発表しています。児童生徒一人一人に合わせた教育を実現するため、23年までに全国の小中学生1人にPC1台を用意し、学校の通信環境を整備することなどを目指すというものです。1月30日には、PCや校内LAN工事などの費用を補助するための補正予算が成立し、これから本格的な取り組みが始まろうとしています。
 

GIGAスクール構想とは

 
今回のテーマとなるGIGAとは、Global and Innovation Gateway for Allのことで、昨年12月13日に閣議決定された令和元年度補正予算案において、児童生徒向けの1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備するためのものです。これからの時代、PC 端末は鉛筆やノートと並ぶマストアイテムとなり、生活の中でもICT活用が当たり前となります。こうした時代を生きるこれからの世代を育む学校が自体が時代に取り残される場所であってはならないという考えのもと実現された構想となります。
 
本構想では、「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」の考え方に基づき、学習者用端末の標準仕様を提示しています。その中で学習者用コンピュータのモデル仕様を、Microsoft社、Google社、 Apple社、それぞれが提供している3種のOSについて提示されており、標準仕様書の記載内容を参考にしながら、各自治体が必要な内容を取捨選択し、調達仕様書を作成します。この3種ハードとOSの提示スペックは以下のとおりです。
 
■ Microsoft Windows
OS:Microsoft Windows 10 Pro
CPU:Intel Celeron 同等以上 2016年8月以降に製品化されたもの
ストレージ:64GB
メモリ:4GB
画面:9〜14インチ

■ Google Chrome OS
OS:Google Chrome OS
CPU:Intel Celeron 同等以上 2016年8月以降に製品化されたもの
ストレージ:32GB
メモリ:4GB
画面:9〜14インチ

■ iPadOS
OS:iPadOS
ストレージ:32GB
画面:10.2〜12.9インチ
 
これらは大量調達実現を含めて、5万円程度の価格帯を前提としており、デジタル教科書・教材等の操作性向上に資するタッチパネル・ハードウェアキーボード、QRコード読み込みを想定したインカメラ/アウトカメラを共通仕様にしています。通信環境はWi-Fiを補完するLTEも選択肢の1つです。
 
『GIGAスクール構想の実現について』
(出典:文部科学省HPより)

 

マイクロソフトの「GIGAスクールパッケージ」

 
そんなか、日本マイクロソフトは2月4日、教育用のPCやクラウドサービスなどを一般向けより低価格で提供する「GIGAスクールパッケージ」を教育機関向けに発売しました。日本マイクロソフトはAcerやHP、NECといったパートナーメーカーと共同で、学習用PCとOS、office 365などの他、端末と子どものユーザーアカウントを管理するシステム「Microsoft Intune」や教育向けクラウド環境、教員研修を自治体などに提供するといいます。
 
GIGAスクールパッケージで提供するPCは、Wi-Fiモデル11機種、LTEモデル6機種の計17機種。いずれもCPUはIntel Celeronシリーズで、メモリが4GB、ストレージが64GB。それぞれの価格設定の基準は、文部科学省が補助する金額が前提となり、一般的に使用するPCと比べてスペックが低い内容となっています。これに対し同社では、学校でOfficeアプリをインストールして通常の使い方をする分には全然問題ないと考えているとのことです。また、子ども向け製品ならではの仕様として、乱暴な使用にも耐えられるよう、耐水性や落としても壊れない本体設計にしているほか、全機種11インチ以下のタッチパネルを搭載しています。
 
現在、スマートフォンは使えてもPCは使えないという子供も増え、国際的にも日本は教育分野でのPC使用率が低いというのも事実です。プログラム教育必修化も含め、今回のGIGAスクール構想により将来的に日本国内からも国際的に通用するエンジニアがたくさん育ってくれるといいですね。
 
『スペック低くても「問題ない」 日本マイクロソフト、文科省“子ども1人にPC1台”対応パッケージ提供』
(出典:2020年02月04日 ITmedia記事より)

 

>> IT管理のアウトソーシングならシーティーエスにおまかせください

 
*********

弊社では、保守サービスやサポートに関する
facebookページを立ち上げています。
 
セキュリティの問題や脆弱性の情報を
毎日ピックアップして掲載しておりますので
よろしければお立ち寄りください。
 
ITサポート&サービス情報局【CTS】facebookページ
http://www.facebook.com/ITsupport.service
 
今週も「IT・保守サポートの日誌」をお読みいただき、
ありがとうございました。
 
シーティーエス株式会社 ブログ担当スタッフより

banner_siryou

「ホムテル3G」の製品情報および修理に関しましてはこちら

CTSストア

資料請求

よくあるご質問

お客様の声

トピックス

  • 2019.8
    「CTSストア」(Yahoo!ショッピング)を開設しました
  • 2018.11
    「アローレ八王子ドローンフィールド」をオープンしました
  • 2018.2
    成長企業の新たな刻みを伝えていくメディア「Next Page」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2018.1
    空撮歴15年の有限会社KELEK様と、ドローンを使用した撮影、測量、点検業務において業務提携をいたしました。
  • 2017.9
    ドローン各種保守・業務支援サービスを開始しました
  • 2017.3
    日本の中小企業を元気にするためのサイト「オンリーストーリー」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2016.8
    環境省「FunToShare」に賛同・参加しました
  • 2016.5
    厚生労働省「イクメンプロジェクト」に賛同・参加しました
  • 2015.11
    『IT・保守サポート豆知識』ページを開設しました
  • 2014.09
    ホームページをリニューアルしました
  • 2014.09
    資本金を1000万円に増資
  • 2014.03
    『お客様の声』ページの掲載を始めました
  • 2013.06
    『IT・保守サポート用語集』ページをリニューアルしました
  • 2013.04
    『キッティング自動化ツール「SetROBO」』の販売代理店となりました
  • 2013.03
    『システム延命サービス』の販売代理店となりました
  • 2012.12
    採用情報の掲載を始めました
  • 2012.09
    おかげさまで創立3周年を迎えました
  • 2012.07
    東京都千代田区神田に営業所を移転
  • 2011.06
    facebookページ『ITサポート&サービス情報局』を開設
  • 2011.03
    次世代型顧客獲得ツール『Navigator』の販売代理店となりました
    アプライアンスサーバーの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.09
    東京都中央区築地に営業所を開設
  • 2010.05
    NASシステムの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.04
    ロジテック株式会社が運営する『データ復旧サービス』のサービスパートナーとなりました
  • 2010.03
    大手ハードウェアメーカーのPOSコールセンター業務を受託
  • 2010.02
    全国寿司チェーン店のタッチパネルPC設置業務を受託
  • 2010.01
    デジタルビジネス協同組合、システムサポート委員会の委員長に就任
  • 2009.12
    デジタルビジネス協同組合に加盟
    八王子商工会議所に加盟
  • 2009.09
    ホームページを開設
Copyright© 2009 シーティーエス株式会社, All Rights Reserved.