TOP >  IT・保守サポートの日誌(毎週更新) > 【12月第2週】急速なAI(機械学習)導入の広がりと今後の課題

【12月第2週】急速なAI(機械学習)導入の広がりと今後の課題

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

急速なAI(機械学習)導入の広がりと今後の課題

 
最近はあらゆる業種・業態でAIを活用・導入する動きが活発化しています。AIを活用することで業務効率化をはかり、人材不足問題解消につなげるなど、現在の課題解決につながるメリットが大きいことに違いはありません。しかし、その発展の方向性や活用方法によっては新たな脅威を生むことにもなりかねません。
 

最近のAI導入事例

 
毎日のようにAIに関するニュースを見聞きしますが、最近の各業界における導入事例をご紹介します。
 
【医療】
日立製作所と損保ジャパン日本興亜は、AI技術を活用し、さいたま市内のインフルエンザの流行状況を予測するサービスを試験的に始めると発表しました(期間は12月6日〜2020年3月20日まで)。このサービスは日本医師会ORCA管理機構が全国4000以上の医療機関から収集した、市町村別の患者数のデータ「ORCAサーベイランス」を活用し、日立が開発したAIがこのデータを分析し、4週間先までの流行状況を予測するというものです。予測結果はレベル0〜3に分け、Webサイトで公開し、予防に役立つ情報も配信されます。
 
【保険】
NTTドコモは、AIがおすすめの保険商品を提案するサービス「AIほけん」の提供を始めました。dアカウントを持つ利用者が2〜5個の質問に答えると、dアカウントにひも付いた生年月日、居住エリア、家族構成などのデータと合わせてAIが分析し、おすすめの保険プランと月額料金を利用者に提案するというものです。がん保険や介護保険、損害賠償保険など7種類を用意するほか、補償内容の個別カスタマイズも可能です。
 
【買取査定】
エディオンは、AIが自動査定を行うスマートフォン買取サービスを、一部店舗で12月7日から開始すると発表しました。エディオン店舗(一部)に設置された自動専用端末に買取を依頼するスマートフォンを接続するとメーカーや型番などを自動判定します。傷やへこみなどの本体の状態は、撮影された画像からAIが判定し、自動で査定が行われるというものです。この端末による査定にかかる時間は最短3分程度とのことです。
 
このように、いままでは人手や手間・時間のかかる業務やサービスをAIに置き換えることで大幅な時短と効率化はかることが可能となります。今後も様々な業種・業態で導入されていくことでしょう。
 
『インフルエンザの流行、AIで予測 予防・外出見直しの参考に さいたま市で実験』
(出典:2019年12月05日 ITmedia記事より)

 
『AIがおすすめの保険を提案 ドコモと東京海上、「AIほけん」開始』
(出典:2019年12月09日 ITmedia記事より)

 
『中古スマホの買取査定をAIで自動化、エディオンが実施』
(出典:2019年12月6日 ケータイWatch記事より)

 

AIの不適切利用に注意

 
先のに紹介した導入事例のように、うまく活用すれば便利な技術ではありますが、その方向性を間違えると新たな危険や問題を招く恐れもあります。
 
人工知能学会、日本ソフトウェア科学会、電子情報通信学会はこの度、「機械学習の不適切な利用は公平性を欠く可能性がある」などと注意を呼び掛ける共同声明文を発表しました。「機械学習は道具にすぎず、人間の意志決定を補助するものだ」と強調。「機械学習は人類社会の繁栄に大きく貢献する可能性を秘めているが、不適切な利用をすれば人類社会の利益に反する可能性もある」と注意を喚起しています。
 
今回の声明は、米Amazon.comが人材採用で使った機械学習システムが、女性差別を助長するとして運用中止に至ったことなどを問題視したことによるものです。声明の中で、こうした問題を防ぐには道具を使う人間が注意深く介入する必要があり、「何が公平か」について技術者だけでなく社会全体で向き合うべきだと指摘しています。
 
また、トレンドマイクロは12月10日に公開した調査分析レポート「2020年セキュリティ脅威予測」のなかでAIの悪用(詐欺)について言及しています。AIを使うことで、本人・本物そっくりの音声や動画を偽装することが可能になります。こうした偽装が「ディープフェイク」と呼ばれ、法人詐欺への悪用が懸念されています。実際に海外では、AIを使用して企業の経営幹部の音声を模倣するサイバー犯罪者によって、約2,600万円を詐取された事例も発生しているといいます。
 
このように倫理問題やより巧妙なサイバー犯罪に利用される恐れもあるなどの面もあります。今回の声明にもあるように、人間の意思決定を補助する道具として、さらにその道具の活用法も我々の生活を豊かなものに導くものとしたいものですね。
 
『機械学習の不適切な利用に注意、公平性欠く恐れも 人工知能学会らが注意喚起』
(出典:2019年12月10日 ITmedia記事より)

 
『AIで経営幹部の声や動画を偽装?最新技術で攻撃のさらなる巧妙化が予測される2020年』
(出典:2019年12月11日 トレンドマイクロより)

 
*********

弊社では、保守サービスやサポートに関する
facebookページを立ち上げています。
 
セキュリティの問題や脆弱性の情報を
毎日ピックアップして掲載しておりますので
よろしければお立ち寄りください。
 
ITサポート&サービス情報局【CTS】facebookページ
http://www.facebook.com/ITsupport.service
 
今週も「IT・保守サポートの日誌」をお読みいただき、
ありがとうございました。
 
シーティーエス株式会社 ブログ担当スタッフより

banner_siryou

「ホムテル3G」の製品情報および修理に関しましてはこちら

CTSストア

資料請求

よくあるご質問

お客様の声

トピックス

  • 2019.8
    「CTSストア」(Yahoo!ショッピング)を開設しました
  • 2018.11
    「アローレ八王子ドローンフィールド」をオープンしました
  • 2018.2
    成長企業の新たな刻みを伝えていくメディア「Next Page」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2018.1
    空撮歴15年の有限会社KELEK様と、ドローンを使用した撮影、測量、点検業務において業務提携をいたしました。
  • 2017.9
    ドローン各種保守・業務支援サービスを開始しました
  • 2017.3
    日本の中小企業を元気にするためのサイト「オンリーストーリー」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2016.8
    環境省「FunToShare」に賛同・参加しました
  • 2016.5
    厚生労働省「イクメンプロジェクト」に賛同・参加しました
  • 2015.11
    『IT・保守サポート豆知識』ページを開設しました
  • 2014.09
    ホームページをリニューアルしました
  • 2014.09
    資本金を1000万円に増資
  • 2014.03
    『お客様の声』ページの掲載を始めました
  • 2013.06
    『IT・保守サポート用語集』ページをリニューアルしました
  • 2013.04
    『キッティング自動化ツール「SetROBO」』の販売代理店となりました
  • 2013.03
    『システム延命サービス』の販売代理店となりました
  • 2012.12
    採用情報の掲載を始めました
  • 2012.09
    おかげさまで創立3周年を迎えました
  • 2012.07
    東京都千代田区神田に営業所を移転
  • 2011.06
    facebookページ『ITサポート&サービス情報局』を開設
  • 2011.03
    次世代型顧客獲得ツール『Navigator』の販売代理店となりました
    アプライアンスサーバーの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.09
    東京都中央区築地に営業所を開設
  • 2010.05
    NASシステムの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.04
    ロジテック株式会社が運営する『データ復旧サービス』のサービスパートナーとなりました
  • 2010.03
    大手ハードウェアメーカーのPOSコールセンター業務を受託
  • 2010.02
    全国寿司チェーン店のタッチパネルPC設置業務を受託
  • 2010.01
    デジタルビジネス協同組合、システムサポート委員会の委員長に就任
  • 2009.12
    デジタルビジネス協同組合に加盟
    八王子商工会議所に加盟
  • 2009.09
    ホームページを開設
Copyright© 2009 シーティーエス株式会社, All Rights Reserved.