TOP >  IT・保守サポートの日誌(毎週更新) > 【11月第2週】スマートスピーカー拡大で生活スタイルも変化?

【11月第2週】スマートスピーカー拡大で生活スタイルも変化?

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スマートスピーカー拡大で生活スタイルも変化?

 
アマゾンジャパンは、声で操作するスマートスピーカー「Echo」(3種類)を発売すると発表しました。「Echo」はクラウドベースのAI音声アシスタント「Alexa」(アレクサ)に対応するスピーカーで、今後さまざまなサービスと連携することで生活スタイルが変化するのではと、大きな注目を集めています。
 

「Amazon Echo」とは

 
今回発売されるのはクラウドベースのAI音声アシスタント「Alexa」(アレクサ)に対応するスマートスピーカー「Amazon Echo」で、小型版「Echo Dot」、通常版「Echo」、上位機種「Echo Plus」の3種類となります。
 
いずれもWi-Fiでネット接続し、「Alexa」と呼び掛けると起動し、天面のライトが青色に点灯。続けて「きょうの天気は?」「今日の日の出は何時?」などと質問したり、音楽再生やニュースの読み上げなどを音声で指示することができます。さらに、Echoの頭脳となるAlexaはクラウドベースの音声サービスで、話せば話すほど語彙が増え、話し方や好みを学びます。
 
また、3機種にはそれぞれ以下のような特長があります。
 
【Echo Dot】
32(高さ)×84(直径)ミリ、163グラムのコンパクトサイズ。スピーカーサイズは0.6インチで、外部スピーカーをBluetooth接続するという用途を想定しています。

【Echo】
0.6インチツイーターと2.5インチウーファーを搭載し、360度全方位音が届きます。

【Echo Plus】
Echoにスマートホームハブ機能を追加したものです。
 
価格は順に「Echo Dot」5980円、「Echo」1万1980円、「Echo Plus」1万7980円(税込)です。なお、プライム会員なら11/17までにリクエストすればEcho Dotが2,000円OFF、Echoが4,000円OFFで購入できます。
 

スマートスピーカーの用途・展望は?

 
「Echo」ではスキルと呼ばれる様々な機能を追加することができます。このスキルを追加することで、ニュースの読み上げ、お弁当の注文、タクシーの配車、英語の勉強など様々な用途に活用することが可能となります。このように、スマートフォンのスピーカー版、それが今回の「Echo」を代表するスマートスピーカーといえます。
 
Alexaスキルガイド
https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5262653051
 
スマートスピーカーと呼ばれる商品としては今回のAmazon「Echo」のほか、 Googleの「Google Home」、LINEの「Clova WAVE」がすでに知られています。こうしたなか、MMD研究所では「スマートフォンの音声入力及び、スマートスピーカーに関する調査」を実施、発表しています。
※15歳〜69歳の男女2,155人(スマートフォン所有者1,810人)を対象に2017年10月25日〜10月31日の期間実施
 
『スマートスピーカーで知っている商品の上位は「Google Home、Amazon Echo、LINE Clova WAVE」』
(出典:2017年11月9日 MMD研究所調査データより)

 
本調査において、スマートフォンの音声入力機能を使ったことがあるかどうかを聞いたところ、全体の64.5%が利用したことがあると回答。年代別では10代の16%が「普段から利用」と回答したほか、50〜60代の37%が「時々利用」と答えています。
 
また、今回話題となっているスマートスピーカーの認知を聞くと、「知っている」という回答は31.2%で、性年代別では20代男性が45.7%、40代男性が41.1%、30代男性が41%で、20〜40代の男性において認知度が高いことがわかりました。
 
今後、このスマートスピーカーは情報収集や家電操作といった、より生活に密着したかたちで進化・拡大していくことが予想されます。実際、新築集合住宅などでスマートスピーカーが標準装備されるといったケースも増えています。
 
『レオパレス21、AIスピーカ搭載スマートステーション端末を新築全戸に標準装備』
(出典:2017年11月08日 CNETJapan記事より)

 
音声認識とAI技術の進化により、いままでキーボード操作、タッチ操作などで行っていた作業や家電操作が、AIとの対話により完結できてしまうという世の中もすぐそこかもしれませんね。
 

>> IT管理のアウトソーシングならシーティーエスにおまかせください

 
*********

弊社では、保守サービスやサポートに関する
facebookページを立ち上げています。
 
セキュリティの問題や脆弱性の情報を
毎日ピックアップして掲載しておりますので
よろしければお立ち寄りください。
 
ITサポート&サービス情報局【CTS】facebookページ
http://www.facebook.com/ITsupport.service
 
今週も「IT・保守サポートの日誌」をお読みいただき、
ありがとうございました。
 
シーティーエス株式会社 ブログ担当スタッフより

banner_siryou

ホワイトペーパープレゼント

ドローン修理・各種保守サポート

資料請求

よくあるご質問

お客様の声

トピックス

  • 2017.9
    ドローン修理・各種保守サポートを開始しました
  • 2017.3
    日本の中小企業を元気にするためのサイト「オンリーストーリー」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2016.8
    環境省「FunToShare」に賛同・参加しました
  • 2016.5
    厚生労働省「イクメンプロジェクト」に賛同・参加しました
  • 2015.11
    『IT・保守サポート豆知識』ページを開設しました
  • 2015.05
    特定労働者派遣事業の認可を取得しました(特13-318571)
  • 2014.09
    ホームページをリニューアルしました
  • 2014.09
    資本金を1000万円に増資
  • 2014.03
    『お客様の声』ページの掲載を始めました
  • 2013.06
    『IT・保守サポート用語集』ページをリニューアルしました
  • 2013.04
    『キッティング自動化ツール「SetROBO」』の販売代理店となりました
  • 2013.03
    『システム延命サービス』の販売代理店となりました
  • 2012.12
    採用情報の掲載を始めました
  • 2012.09
    おかげさまで創立3周年を迎えました
  • 2012.07
    東京都千代田区神田に営業所を移転
  • 2011.06
    facebookページ『ITサポート&サービス情報局』を開設
  • 2011.03
    次世代型顧客獲得ツール『Navigator』の販売代理店となりました
    アプライアンスサーバーの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.09
    東京都中央区築地に営業所を開設
  • 2010.05
    NASシステムの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.04
    ロジテック株式会社が運営する『データ復旧サービス』のサービスパートナーとなりました
  • 2010.03
    大手ハードウェアメーカーのPOSコールセンター業務を受託
  • 2010.02
    全国寿司チェーン店のタッチパネルPC設置業務を受託
  • 2010.01
    デジタルビジネス協同組合、システムサポート委員会の委員長に就任
  • 2009.12
    デジタルビジネス協同組合に加盟
    八王子商工会議所に加盟
  • 2009.09
    ホームページを開設
Copyright© 2009 シーティーエス株式会社, All Rights Reserved.