TOP >  IT・保守サポートの日誌(毎週更新) > 【ITニュース】 自ら判断し自ら学習する人工知能技術と2045年問題

【ITニュース】 自ら判断し自ら学習する人工知能技術と2045年問題

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

151211

皆さまは「2045年問題」をご存じでしょうか?

人工知能が人間の知能を超えると技術的特異点が訪れる時のことを意味します。
技術的特異点とはシンギュラリティとも言われており、米国ではこの分野を
専門的に研究するシンギュラリティ大学が設立されたり、米国IBM社とHRL研究所が
人間の脳と同様のシステムを電子回路で構築するシナプスプロジェクトを
2008年から実行しています。

人間社会を大きく変える人工知能は、人間がいくら考えても
想像ができないレベルの知性まで持つようになるというのです。

現在、ビッグデータの解析分野においてもコンピュータは
人間の能力をはるかに上回っており、今後も開発・改良が
進むと同時に日常の様々なところで活用されることが予想されます。

『Wikipediaが記事品質向上のためにAIを導入。
 文章の品質を数値化して判断、ユーザーの編集を採点』
(2015年12月4日engadget日本版記事より)

http://goo.gl/THlW3T

新しく導入する人工知能の名前はORES
(Objective Revision Evaluation Service)。
不自然な文章や文法的な誤りなどを見つけだし、
「品質の低い」記事はWikipediaスタッフに提示し
人力で確認が行われます。

記事の内容の整合性ではなく、文脈的な正しさを判断する人工知能。
クオリティチェックに大きな役割を果たしそうですが、
現状で日本語はまだ対応リストに含まれていないということです。

また企業にとって、この人工機能を上手く活用できるように
AI関連技術の研究者が求められることも増えてきました。

『「AIの研究者を倍増する」とNEC、
 AIを活用したサイバー攻撃検知技術も披露』
(2015年12月10日ITPro記事より)

http://goo.gl/i4Fvxz

NECは今後研究開発を進めるにあたって、「AI」の研究者を
現状の150人から3年後には300人に倍増すると語っています。

今後は監視システムなどセキュリティ技術やAI技術を
中枢におき、システムの省電力化や周辺領域の研究は
外部機関や大学などに委託し効率的に研究を進めていきます。

「人工知能をどのように活用していくか」といった問題も、
人工知能が自ら判断し自ら仕事をしていく事が当たり前になり
人間の判断が不要となる時代が訪れたとき人間の出来ることは
一体どのようなことなのか、と考えてしまいますね。

2045年まであと30年。私たちの働き方が大きく変化を遂げていく中で
まずはシンギュラリティについて、あるいは人工知能技術についての
理解をしっかりと深めていくことが大切なのではないでしょうか。

*****

弊社では、保守サービスやサポートに関する
facebookページを立ち上げています。

セキュリティの問題や脆弱性の情報を
毎日ピックアップして掲載しておりますので
よろしければお立ち寄りください。

ITサポート&サービス情報局【CTS】facebookページ
http://www.facebook.com/ITsupport.service

今週も「IT・保守サポートの日誌」をお読みいただき、
ありがとうございました。

シーティーエス株式会社 ブログ担当スタッフより

banner1

「ホムテル3G」の製品情報および修理に関しましてはこちら

CTSストア

資料請求

よくあるご質問

お客様の声

トピックス

  • 2019.8
    「CTSストア」(Yahoo!ショッピング)を開設しました
  • 2018.11
    「アローレ八王子ドローンフィールド」をオープンしました
  • 2018.2
    成長企業の新たな刻みを伝えていくメディア「Next Page」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2018.1
    空撮歴15年の有限会社KELEK様と、ドローンを使用した撮影、測量、点検業務において業務提携をいたしました。
  • 2017.9
    ドローン各種保守・業務支援サービスを開始しました
  • 2017.3
    日本の中小企業を元気にするためのサイト「オンリーストーリー」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2016.8
    環境省「FunToShare」に賛同・参加しました
  • 2016.5
    厚生労働省「イクメンプロジェクト」に賛同・参加しました
  • 2015.11
    『IT・保守サポート豆知識』ページを開設しました
  • 2014.09
    ホームページをリニューアルしました
  • 2014.09
    資本金を1000万円に増資
  • 2014.03
    『お客様の声』ページの掲載を始めました
  • 2013.06
    『IT・保守サポート用語集』ページをリニューアルしました
  • 2013.04
    『キッティング自動化ツール「SetROBO」』の販売代理店となりました
  • 2013.03
    『システム延命サービス』の販売代理店となりました
  • 2012.12
    採用情報の掲載を始めました
  • 2012.09
    おかげさまで創立3周年を迎えました
  • 2012.07
    東京都千代田区神田に営業所を移転
  • 2011.06
    facebookページ『ITサポート&サービス情報局』を開設
  • 2011.03
    次世代型顧客獲得ツール『Navigator』の販売代理店となりました
    アプライアンスサーバーの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.09
    東京都中央区築地に営業所を開設
  • 2010.05
    NASシステムの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.04
    ロジテック株式会社が運営する『データ復旧サービス』のサービスパートナーとなりました
  • 2010.03
    大手ハードウェアメーカーのPOSコールセンター業務を受託
  • 2010.02
    全国寿司チェーン店のタッチパネルPC設置業務を受託
  • 2010.01
    デジタルビジネス協同組合、システムサポート委員会の委員長に就任
  • 2009.12
    デジタルビジネス協同組合に加盟
    八王子商工会議所に加盟
  • 2009.09
    ホームページを開設
Copyright© 2009 シーティーエス株式会社, All Rights Reserved.