TOP >  IT・保守サポートの日誌(毎週更新) > 【9月第4週】配送方法もアプリもオールインワン化へ、Uberの試み

【9月第4週】配送方法もアプリもオールインワン化へ、Uberの試み

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

配送方法もアプリもオールインワン化へ、Uberの試み

 
配車サービス「Uber」を展開するUberが展開する、フードデリバリーサービス「Uber EATS」が2016年9月に日本で開始されてから3年が経ちました。最近では街中で「Uber EATS」のデリバリー配送を見かけることも多くなってきましたが、今後のさらなる展開が見えてきました。
 

「UberEATS」とは

 
まだあまりご存じない方もいるかもしれませんが、「Uber EATS」とはUberが展開するフードデリバリーサービスです。「Uber Eats」には多数のレストランが掲載されており、パソコンやスマートフォンのアプリでお好みのメニューを探すことも、レストラン名や料理の種類で検索することも可能です。注文〜配送までの流れは次の通りです。
 
アプリ内の注文したい料理が見つかったら、タップしてカートに追加します。住所、配達予定時間、税金と配達料金を含む注文価格が表示されるので、内容に間違いがなければ、[注文する] をタップして完了。お支払いにはご登録のカードを自動的に使用するため、現金は必要ありません。まず、レストランが注文を受け付け、調理を開始します。調理が完了するころ、付近の Uber パートナーが車、自転車、またはスクーターでレストランに向かい、注文品をピックアップします。そして配達員がお客様の元へ向かい受け渡し。専用アプリには配達員の名前と顔写真が表示され、配達状況をマップ上で確認できます。
 
また、この「Uber Eats」の面白いところは「Uber パートナー」の仕組みです。「Uber Eats」の仕事はシフトという概念はありません。登録した「Uber パートナー」と呼ばれる個人事業主は、1時間だけでも、土日だけでも、空き時間に配達することが可能なのです。配送方法も自転車、原付バイク、軽貨物車両のいずれかの車両で配達することができます。仕事はレストランから注文者の元に料理を配達するだけで、報酬はUberから週払いで支払われるという仕組みです。
 
10月からの増税・軽減税率制度が施行されるに伴い、飲食業界では中食がさらに増えるとも言われています。「Uber Eats」のようなサービスが今後ますます注目されるかもしれませんね。
 
「UberEATS」
https://www.ubereats.com/ja-JP/

 

Uberアプリ・配送方法の進化

 
冒頭でも触れましたが、Uberは配車サービスを展開している企業です。ですので現状では配車アプリ「Uber」とフードデリバリーアプリ「UberEATS」の2種類を提供しています。そんなかか、米Uberは先日“次世代のUberアプリ”のビジョンを発表しました。将来的には「Uber Eats」と統合し、公共機関の乗り換え案内機能も搭載する日常生活のためのオールインワンOSとしての展開を考えているといいます。
 
さらに、2019年7月9日に香港で行われた「Future of Food Summit(食の未来会議)」においても新しいビジネス指標が発表されています。その中で、同社では現在アメリカ・サンディエゴで実証実験中のドローンを使ったフードデリバリーの実現にむけてのドローンを搭載した車も展示しています。これは、Uber社が特許を取得した動的な空域管理システム「Elevate Cloud Systems」を使い、すべてのドローンの離陸から着陸までの自律飛行を追跡・誘導するというもの。
 
配送の流れは、注文を受けたレストランがドローンに注文のメニューを積載し、ドローンが離陸すると、「Elevate Cloud Systems」が近くの「Uber Eats」の配達パートナーに通知を送信。着陸地点でそのオーダーの受け渡しが行われ、パートナーの手により顧客に届けられます。将来的には配達地の近くに駐車した車の上に着陸させられるよう、Uberの配車サービスとの連携を実施していくといいます。
 
最後はSF映画のような話ではありますが、技術革新のスピードを見る限り、インフラ・法整備次第では近い将来実現し得るかもしれませんね。
 
『Uberアプリ、「Uber Eats」や乗り換え案内も統合するオールインワンアプリへ』
(出典:2019年09月27日 ITmedia記事より)

 
『Uber Eats、車×ドローンでフードデリバリー配達エリア拡大目指す』
(出典:2019年09月18日 DRONE記事より)

 

>> トイドローンやマイクロドローンの飛行場「アローレ八王子ドローンフィールド」

 
*********

弊社では、保守サービスやサポートに関する
facebookページを立ち上げています。
 
セキュリティの問題や脆弱性の情報を
毎日ピックアップして掲載しておりますので
よろしければお立ち寄りください。
 
ITサポート&サービス情報局【CTS】facebookページ
http://www.facebook.com/ITsupport.service
 
今週も「IT・保守サポートの日誌」をお読みいただき、
ありがとうございました。
 
シーティーエス株式会社 ブログ担当スタッフより

banner_siryou

「ホムテル3G」の製品情報および修理に関しましてはこちら

CTSストア

資料請求

よくあるご質問

お客様の声

トピックス

  • 2019.8
    「CTSストア」(Yahoo!ショッピング)を開設しました
  • 2018.11
    「アローレ八王子ドローンフィールド」をオープンしました
  • 2018.2
    成長企業の新たな刻みを伝えていくメディア「Next Page」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2018.1
    空撮歴15年の有限会社KELEK様と、ドローンを使用した撮影、測量、点検業務において業務提携をいたしました。
  • 2017.9
    ドローン各種保守・業務支援サービスを開始しました
  • 2017.3
    日本の中小企業を元気にするためのサイト「オンリーストーリー」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2016.8
    環境省「FunToShare」に賛同・参加しました
  • 2016.5
    厚生労働省「イクメンプロジェクト」に賛同・参加しました
  • 2015.11
    『IT・保守サポート豆知識』ページを開設しました
  • 2014.09
    ホームページをリニューアルしました
  • 2014.09
    資本金を1000万円に増資
  • 2014.03
    『お客様の声』ページの掲載を始めました
  • 2013.06
    『IT・保守サポート用語集』ページをリニューアルしました
  • 2013.04
    『キッティング自動化ツール「SetROBO」』の販売代理店となりました
  • 2013.03
    『システム延命サービス』の販売代理店となりました
  • 2012.12
    採用情報の掲載を始めました
  • 2012.09
    おかげさまで創立3周年を迎えました
  • 2012.07
    東京都千代田区神田に営業所を移転
  • 2011.06
    facebookページ『ITサポート&サービス情報局』を開設
  • 2011.03
    次世代型顧客獲得ツール『Navigator』の販売代理店となりました
    アプライアンスサーバーの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.09
    東京都中央区築地に営業所を開設
  • 2010.05
    NASシステムの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.04
    ロジテック株式会社が運営する『データ復旧サービス』のサービスパートナーとなりました
  • 2010.03
    大手ハードウェアメーカーのPOSコールセンター業務を受託
  • 2010.02
    全国寿司チェーン店のタッチパネルPC設置業務を受託
  • 2010.01
    デジタルビジネス協同組合、システムサポート委員会の委員長に就任
  • 2009.12
    デジタルビジネス協同組合に加盟
    八王子商工会議所に加盟
  • 2009.09
    ホームページを開設
Copyright© 2009 シーティーエス株式会社, All Rights Reserved.