TOP >  IT・保守サポートの日誌(毎週更新) > 【9月第3週】SNSの誹謗中傷、被害者・加害者にならないために

【9月第3週】SNSの誹謗中傷、被害者・加害者にならないために

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

SNSの誹謗中傷、被害者・加害者にならないために

 
インターネット上における誹謗中傷や、人権を侵害するようなSNS投稿は未だ跡を絶ちません。そうした書き込みを受ける被害者のみならず、意図せず書き込んだ投稿者側の加害者化、さらには民事・刑事上への責任を問われる事象も少なくありません。今一度インターネット上での発言を考えてみましょう。

 

人格権を侵害する投稿・再投稿

 
近年、YouTuberなど『有名な人』と感じる範囲が広がると共に、主体的に投稿する人以外の“安易に再投稿・拡散する人”も増えています。たくさんの中傷が集まれば、集団攻撃となり受け取る人の心を酷く傷つけます。相手がどのような人であっても、単に再投稿しただけであっても、民事上・刑事上(損害賠償請求、名誉毀損罪による懲役、侮辱罪による拘留ばど)の責任を問われる可能性があります。こうした現状を踏まえ、総務省は「インターネット上の誹謗中傷への対応に関する政策パッケージ」の一環として、インターネット上の誹謗中傷に関する注意事項等をまとめた「インターネットトラブル事例集(2020年版)追補版」を作成・公表しました。
 
多くのSNSサービスでは「誹謗中傷禁止」が利用規約にも謳われています。相手の人格を否定する言葉や言い回しは、意見や批判ではなく誹謗中傷です。対面や実名では言えないことも、匿名だからとこうした行為に及ぶ人もいますが、たとえ匿名でも技術的に投稿の発信者は特定できるため、民事上・刑事上の責任を問われる可能性があります。中には「正義感からやったこと」と主張する人もいるようですが、“立場”や“事実かどうか”を問わず、人格を否定または攻撃するような投稿は正義ではありません。そして、誹謗中傷投稿は再投稿者でも“広めることに加担した”とみなされます。
 
炎上したり訴えられたりしてから「あんな投稿しなければよかった」と後悔しても後の祭りです。投稿・再投稿する前には必ず「自分が言われたらどう思うか」「事実に基づいた情報・発言なのか」を考え、法律や利用規約などのルールやモラルを意識した、正しい利用を心がけたいものです。
 

SNSによる誹謗中傷被害への対処方法

 
いつ自身が前述のような誹謗中傷を受ける側になるとも言い切れません。そうした事態に陥った際の対処として、総務省では以下の方法を紹介しています。
 
■ミュートやブロック等で距離を置く
よく使われるSNSには、やり取りをコントロールする 機能が備わっています。相手に知られずに投稿を 非表示にする機能(ミュート)をうまく活用しましょう。つながり自体を断つ機能(ブロック)もありますから、 深く傷つく前に「見えなくする」ことをお勧めします。また、返信やコンタクトができる相手を制限する機能もあります。
 
■人権侵害情報の削除を依頼
1.可能な状況であれば、投稿者に削除してほしいと連絡してみる(ただし無理は禁物)。
2.該当する投稿のURLやアドレスを控える(スクリーンショットや動画の保存も重要)。
3.「通報」「報告」「お問い合せ」など 削除依頼等ができるページやメニューを探す。
4.フォームに従って必要な選択・入力を行い、漏れがないか内容を確認して送信。
 
また、ミュートやブロック、削除依頼だけでは解決しない場合、匿名の発信者を特定して、損害賠償請求などを行うことも可能です。さらに、電話、メール、各種SNS、Webチャット等を使って、誰にも知られずに相談することができる公的窓口はいろいろありますのでこうしたところに相談してみるのも良いでしょう。
 
■インターネット違法・有害情報相談センター

■法務省 「インターネット人権相談窓口」

■厚生労働省 「まもろうよ こころ」
 
炎上投稿に直接参加する人は、ごく限られた一部に過ぎないという研究結果もあります。一部の人のやっていることとはわかっていても、深く傷つく場合もあります。1人で抱え込むことなくまずは各所に相談してみましょう。
 
『#NoHeartNoSNS(ハートがなけりゃSNSじゃない!)』
(出典:2020年9月17日 総務省HPより)

 

>> 社内ネットワークに繋がらないなどのお悩みならシーティーエスにおまかせください

 
*********

弊社では、保守サービスやサポートに関する
facebookページを立ち上げています。
 
セキュリティの問題や脆弱性の情報を
毎日ピックアップして掲載しておりますので
よろしければお立ち寄りください。
 
ITサポート&サービス情報局【CTS】facebookページ
http://www.facebook.com/ITsupport.service
 
今週も「IT・保守サポートの日誌」をお読みいただき、
ありがとうございました。
 
シーティーエス株式会社 ブログ担当スタッフより

banner_siryou

「ホムテル3G」の製品情報および修理に関しましてはこちら

CTSストア

資料請求

よくあるご質問

お客様の声

トピックス

  • 2019.8
    「CTSストア」(Yahoo!ショッピング)を開設しました
  • 2018.11
    「アローレ八王子ドローンフィールド」をオープンしました
  • 2018.2
    成長企業の新たな刻みを伝えていくメディア「Next Page」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2018.1
    空撮歴15年の有限会社KELEK様と、ドローンを使用した撮影、測量、点検業務において業務提携をいたしました。
  • 2017.9
    ドローン各種保守・業務支援サービスを開始しました
  • 2017.3
    日本の中小企業を元気にするためのサイト「オンリーストーリー」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2016.8
    環境省「FunToShare」に賛同・参加しました
  • 2016.5
    厚生労働省「イクメンプロジェクト」に賛同・参加しました
  • 2015.11
    『IT・保守サポート豆知識』ページを開設しました
  • 2014.09
    ホームページをリニューアルしました
  • 2014.09
    資本金を1000万円に増資
  • 2014.03
    『お客様の声』ページの掲載を始めました
  • 2013.06
    『IT・保守サポート用語集』ページをリニューアルしました
  • 2013.04
    『キッティング自動化ツール「SetROBO」』の販売代理店となりました
  • 2013.03
    『システム延命サービス』の販売代理店となりました
  • 2012.12
    採用情報の掲載を始めました
  • 2012.09
    おかげさまで創立3周年を迎えました
  • 2012.07
    東京都千代田区神田に営業所を移転
  • 2011.06
    facebookページ『ITサポート&サービス情報局』を開設
  • 2011.03
    次世代型顧客獲得ツール『Navigator』の販売代理店となりました
    アプライアンスサーバーの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.09
    東京都中央区築地に営業所を開設
  • 2010.05
    NASシステムの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.04
    ロジテック株式会社が運営する『データ復旧サービス』のサービスパートナーとなりました
  • 2010.03
    大手ハードウェアメーカーのPOSコールセンター業務を受託
  • 2010.02
    全国寿司チェーン店のタッチパネルPC設置業務を受託
  • 2010.01
    デジタルビジネス協同組合、システムサポート委員会の委員長に就任
  • 2009.12
    デジタルビジネス協同組合に加盟
    八王子商工会議所に加盟
  • 2009.09
    ホームページを開設
Copyright© 2009 シーティーエス株式会社, All Rights Reserved.