TOP >  IT・保守サポートの日誌(毎週更新) > 【5月第2週】iOS 14.5から考える「プライバシー保護 × 広告収益」

【5月第2週】iOS 14.5から考える「プライバシー保護 × 広告収益」

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

iOS 14.5から考える「プライバシー保護 × 広告収益」

 
4月27日にAppleの「iOS 14.5」がアップデートリリースされました。様々な機能が追加されさらなる進化を遂げていますが、その中のプライバシーにかかわる変更が様々な議論を巻き起こしています。今回はiOSアップデートにまつわるユーザーのプライバシー保護と広告のあり方に関する話題です。
 

「iOS 14.5」の新機能

 
4月27日にAppleのiOS大型アップデートとなる「iOS 14.5」がリリースされました。今回のアップデートでは脆弱性の改善はもちろんのこと、新しい機能がいくつか追加されています。
 
【マスク着用でもロック解除】
以前はマスクを着用しているとFace ID でのロック解除ができませんでしたが、今回からApple Watchさえあれば、ロック画面解除の際に毎回パスコードを打ち込む必要がなくなりました。Apple Watch Series 3以降を用いて、iPhone X以降の機種のFace IDで認証する際に利用できる機能です。設定メニューにある「Face IDとパスコード」からApple Watchを使ったロック解除に同意すれば利用できるようになり、Apple Watch着用中、iPhoneでFace IDが起動するとロックがすぐ解除することが可能となります。コロナ禍を受けた新機能といえます。
 
【新製品AirTagに対応】
30日発売の新製品「AirTag」は、「探す」アプリからAirTagの場所を探せるようになりました。様々なモノにこの「AirTag」を取り付けることで紛失防止に役立ちます。また、「正確な場所を見つける」機能により、iPhone 11シリーズおよびiPhone 12シリーズでは近くにあるAirTagの方向や距離も音、触覚、視覚で案内してくれます。
 
【その他の追加機能】
「マップ」では、路上で遭遇した事故を報告することも可能になります。さらに新しい絵文字として、燃えさかるハート、当惑した顔、ため息をつく顔なども追加されています。そして、後述に紹介する「AppTrackingTransparency」(ATT)」です。
 
『iOS14』
(出典:Appleより)

 

「iOS 14.5」で広告が変わる?

 
前述の新機能に加え、様々な議論を巻き起こしている「AppTrackingTransparency(ATT、Appのトラッキングの透明性)」が導入されました。ATTは、AppleがApp Storeに登録するアプリの開発者に義務付ける新しいルールです。アプリがユーザーに関するデータを収集する場合、ユーザーがアプリを最初に起動する際と、iOS 14.5にアップデート後にアプリを最初にアップデートする際、データ収集の許可を求めるポップアップカードを表示する必要があるというものです。このポップアップ表示、iOS14.5を利用の方ではすでに目にしている方も多いのではないでしょうか。
 
ユーザーはこのポップアップ表示に対して「Appにトラッキングしないように要求」を選択しても問題なくアプリを利用できます。しかしアプリ提供側にとって、この選択をされるとアプリやWebサイトを横断するユーザーのアクティビティは追跡できなくなり、効果的なターゲティング広告の表示に利用できなくなります。米FacebookではこのATTについて、ユーザーがトラッキングを許可しないと同社の広告ネットワークでのターゲティングにデータを利用できなくなり、アプリ開発者やパブリッシャーの収益が制限されるとして抗議しています。
 
そうしたなか、米Verizon傘下の広告分析企業Flurry AnalyticsがiOS 14.5リリース時から続けている「Daily Opt-in Rate After iOS 14.5 Launch」調査の結果、「AppTrackingTransparency」(ATT)を通じてのアプリでのトラッキング許可カード表示で、ユーザーのおよそ88%は「Appにトラッキングしないように要求」を選んでいることがわかっています。この調査は世界の約530万台のモバイル端末を対象に行なっているもので、過去13日間においてトラッキングを許可しているユーザーの率は11〜13%です。
 
ユーザー目線に立てば、自身の行動遍歴がトラッキングされるのを望まないというのは当然のことでしょう。とはいえ、広告を的確にリーチできなくなるとアプリ開発者やサービス提供側にとっては先にも触れたようなパブリッシャーの収益が制限されてしまう事態になります。そうなると今後様々なサービスの有料化といった流れになってくるかもしれません。
 
『「iOS 14.5」のATT機能、ユーザーの約88%が「トラッキングしないように要求」を選択──Flurry調べ』
(出典:2021年05月09日 ITmedia記事より)

 
*********

弊社では、保守サービスやサポートに関する
facebookページを立ち上げています。
 
セキュリティの問題や脆弱性の情報を
毎日ピックアップして掲載しておりますので
よろしければお立ち寄りください。
 
ITサポート&サービス情報局【CTS】facebookページ
http://www.facebook.com/ITsupport.service
 
今週も「IT・保守サポートの日誌」をお読みいただき、
ありがとうございました。
 
シーティーエス株式会社 ブログ担当スタッフより

banner_siryou

資料請求

よくあるご質問

お客様の声

CTSストア

トピックス

  • 2019.8
    「CTSストア」(Yahoo!ショッピング)を開設しました
  • 2018.11
    「アローレ八王子ドローンフィールド」をオープンしました
  • 2018.2
    成長企業の新たな刻みを伝えていくメディア「Next Page」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2018.1
    空撮歴15年の有限会社KELEK様と、ドローンを使用した撮影、測量、点検業務において業務提携をいたしました。
  • 2017.9
    ドローン各種保守・業務支援サービスを開始しました
  • 2017.3
    日本の中小企業を元気にするためのサイト「オンリーストーリー」に、代表取締役 森田のインタビューが掲載されました
  • 2016.8
    環境省「FunToShare」に賛同・参加しました
  • 2016.5
    厚生労働省「イクメンプロジェクト」に賛同・参加しました
  • 2015.11
    『IT・保守サポート豆知識』ページを開設しました
  • 2014.09
    ホームページをリニューアルしました
  • 2014.09
    資本金を1000万円に増資
  • 2014.03
    『お客様の声』ページの掲載を始めました
  • 2013.06
    『IT・保守サポート用語集』ページをリニューアルしました
  • 2013.04
    『キッティング自動化ツール「SetROBO」』の販売代理店となりました
  • 2013.03
    『システム延命サービス』の販売代理店となりました
  • 2012.12
    採用情報の掲載を始めました
  • 2012.09
    おかげさまで創立3周年を迎えました
  • 2012.07
    東京都千代田区神田に営業所を移転
  • 2011.06
    facebookページ『ITサポート&サービス情報局』を開設
  • 2011.03
    次世代型顧客獲得ツール『Navigator』の販売代理店となりました
    アプライアンスサーバーの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.09
    東京都中央区築地に営業所を開設
  • 2010.05
    NASシステムの24時間365日オンサイト保守を受託
  • 2010.04
    ロジテック株式会社が運営する『データ復旧サービス』のサービスパートナーとなりました
  • 2010.03
    大手ハードウェアメーカーのPOSコールセンター業務を受託
  • 2010.02
    全国寿司チェーン店のタッチパネルPC設置業務を受託
  • 2010.01
    デジタルビジネス協同組合、システムサポート委員会の委員長に就任
  • 2009.12
    デジタルビジネス協同組合に加盟
    八王子商工会議所に加盟
  • 2009.09
    ホームページを開設
Copyright© 2009 シーティーエス株式会社, All Rights Reserved.